革命児の名は X リブ

こんばんは。

 

風邪にも負けず今日も元気な山崎です!

 

さて前回はゼロハリバートンの象徴として60年以上にわたり君臨してきました

絶対的君主【ダブルリブ】について紹介しました。

 

で、そのリブ業界に革命が起こったんだよ、ってところで話が終わっていましたね。

 

なので今日は革命の中身についてお伝えします。

 

革命はゼロハリバートンブランド75周年にあたる2013年に起きました。

 

これまでのダブルリブに変わるニューダブルリブとして【X リブ】というものが

この世に生まれました。

 

X リブはゼロハリバートンのニューラインナップZR-GEOというアルミモデルの

外観に施されたリブ構造のことをいいます。

 

その名の通りXの形をしたリブ構造なのですが、実はこのX リブはこれまでの

工法とは全く異なる工法で作られているんです。

 

これまでのダブルリブはプレス加工によって作られていたのですが、

X リブについてはベンダー加工(折り曲げ加工)と呼ばれる工法で

作られています。

 

これによって何が良くなったのかというと、まず強度がさらに上がりました。

これ以上強固になってどうすんの!って感じですね(笑)

 

次にこれまでは不可能だったきれいな曲線状のデザインが可能になったそうです。

強くなった上に美しくなるなんて!!

 

最後にゼロハリバートンが公式に発表しているわけではないのですが、

どうやら軽くなっているようなんです!!!

 

強くなって・美しくなって・軽くなった X  リブ

これを革命と呼ばずに何を革命と呼びましょうか!