【スーツケース比較】ゼロハリとリモワの違い③内装編

こんにちは!本日もブログをご覧いただきありがとうございます♪ブログ担当の関谷です。

 

いよいよワールドカップが始まりましたね!初戦は残念ながら敗れてしまいましたが、まだあと2戦!

 

関谷も代表ユニフォームを着て全力で応援したいと思います^o^

 

今回お届けするのは「リモワとゼロハリ、アルミスーツケースの比較③」!これでひとまずこのシリーズは終わりにしたいと思います。

 

これまでデザインや重さ、流通度など様々なポイントを比較してきましたが、最後に比較するのは「内装」

 

さっそく比較してみましょう。

 

今回比較するのは「ゼロハリバートンZR-Geo」と「リモワトパーズ」。どちらもそれぞれのブランドを代表するアルミスーツケースです。

 

【ゼロハリ ZR-Geo】

zrg26-si01

zrg内装01 zrg内装02

ZRGの内装はブラックでシックな印象

zrg内装03 zrg内装04

多機能なポケットに加えて、スーツを収納できるガーナメントケースも付属しています。

 

【リモワトパーズ】

topas3201

 

rimowatopas内装02 rimowatopas内装03 rimowatopas内装01

トパーズの内装はビビッドなブルー。ディバイダーが付いていますが、ガーナメントケースはありません。

 

比べてみると、

 

同じアルミスーツケースでもかなり違いがあることが分かります。

 

もちろん最終的には好みの問題ということになるのですが、

 

ゼロハリZRGは「シンプルかつスマートな印象、ビジネス出張に適したデザイン」で、

 

リモワトパーズは「若々しい印象、旅行などのプライベートシーンに適したデザイン」であると言えるかもしれません。

 

実際、ビジネス目的でスーツケースをご購入される場合には、

 

ガーナメントケースが付いているかどうかというのは重要なポイント!

 

また、内装だけに限らず全体的に見ても、

 

ゼロハリは元々「ビジネスマンのための鞄」をスタートにしていることもあって、細部までビジネス仕様となっていることが分かります。

 

ですから、もしビジネス目的中心でスーツケースを選ばれるなら、ゼロハリの方がよりおすすめです^^