有料になってしまうスーツケースのサイズってどれくらい?

こんにちは。本日もブログをご覧いただきありがとうございます^o^ブログ担当の関谷です。

 

 

昨日ついにワールドカップの代表選手23人が発表されましたね!

 

 

W杯まであと1ヶ月・・・今からワクワクが止まりません。

 

 

このブログをご覧の皆さんの中に、現地まで観戦に行くという方もいらっしゃったりして・・・?^^

 

 

さて今日は旅のおともに欠かせないスーツケースの選び方に関する豆知識をひとつ。

 

 

デザインや使い心地はもちろんですが、「サイズ」もスーツケース選びに欠かせないポイントです。

 

 

航空会社に預ける際、有料となってしまう大きさってどれくらいなのかご存じですか?

 

 

超過料金を取られないサイズの目安はズバリ「3辺の合計が158cm以下」

 

 

ゼロハリのZR-GEOシリーズ アルミスーツケースで言うなら、こちら↓

 

 

zrg26-si01 zrg26-bk01

 

 

W50×H73×D25 cm(合計148cm)、68リットルのサイズなら安心ということになります。

 

 

ちなみにこちらのシリーズ、旅行だけでなく出張などビジネスシーンにもおすすめ。

 

 

スーツをハンガーにかけたまま運べるビジネス仕様、小回りの効く4輪キャスター、坂道でも安心なストッパー付き、などなど仕える機能満載です。

 

zrg26-bk02

 

 

(ZR-GEOシリーズ アルミスーツケースについてはまた詳しく解説しますね。。。^^;)

 

 

ちょっと脱線しましたが、今日のまとめは超過料金を取られないスーツケースを選ぶなら3辺の合計が158cm以下!ということで。

 

 

ぜひぜひ参考にしてください^o^